サプリ

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

これって職務怠慢じゃないん?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000026-mai-soci

公園になってたかー1981年ってもう30年近く前のことか
これって職務怠慢とかいう問題ではないの?
震災ってもういったい何年前の話だよ100人ってたった100人だよ???

他の自治体のインタビューで「うそをつかれたらしょうがない」とかいう
発言もみかけられたけれど
そしたら正直に申告する必要はひとつもないということなんですねー
としかいいようがない
虚偽の申告をしたら受給資格を剥奪とかあと罰則とかそういうものもないのかな
またそれを確かめなければならないという制度もないっぽいよな
結局まじめに手続きしてた人たちが損みてるよなー

手続きをきちんとしないことで得もない人も多いだろうけど(まあそれが大半だろう)
だからこそ自治体も放置してたんだろうし
だけど確実にずるして利益を得た者はいるんだろうしやりきれんね

<高齢者不明>神戸市で105人確認できず 125歳女性も
8月10日11時19分配信 毎日新聞

 高齢者の所在不明問題で、神戸市は10日、市内で105人の100歳以上の所在が確認できないと発表した。生存が確認できれば国内最高齢(113歳)以上となる人も21人含まれ、最高は125歳の女性だった。他に、介護保険や後期高齢者医療保険の利用実績がない100歳以上の高齢者が22人おり、市は本人と面会するなどして所在などの実態を調査する。

 市によると、住民基本台帳上では先月末現在、市内に100歳以上の高齢者が847人いる。しかし、この中で今年1月以降に介護保険を使わず、08年4月以降に後期高齢者医療保険を使っていない人が127人いた。

 このうち住基台帳上125歳の女性を含む105人については、昨年までに敬老祝い金を支給するため民生委員が現場を確認するなどした際、登録上の住所地に居住実態がないことが判明していた。このため、毎年9月に厚生労働省に報告する100歳以上の高齢者数に含めていなかったが、住基台帳への記載はそのままにし、実際の所在についても調査していなかったという。

 125歳の女性は住基台帳では東灘区で1人暮らしとされ、住所地は1981年から公園になっているという。

 市は会見で、阪神大震災(95年)後に1人暮らしの高齢者が増えたことが所在追跡を困難にした可能性もあるとし、「105人という数は多い。市役所内部の連携ができなかった」と説明した。

 これまでに住基台帳に記載がありながら所在が確認できない100歳以上の高齢者は全国で89人判明していた。【吉川雄策、米山淳】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sora5656.blog20.fc2.com/tb.php/318-a511c102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。