サプリ

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

これはもうテニスとかウインブルドンとかすべて超越したNicolas Mahut vs.John Isner

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000047-jij-spo

昨晩のウインブルドンの放送カードはとりあえずもう見た選手ばっかりだし
イングランドも決勝Tに進めたし、はやめに寝よう、と思ってたら

コート18でなにやらすごいことになってる、とのこと。
100624_0101~01

Gentlemen's Singles - 1st Round
Nicolas Mahut(FRA) vs. John Isner(USA)[23]

マウーVSイズナー たしかに恐ろしいことになってるなー
100までいくかなwとか考えつつもTVを消して寝る準備

お休み前にネット巡回をさらっとしていたら
36-36でまだ続いていることを知る

39391.jpg

50501.jpg

51511.jpg

50いくと表示されなくなってるw
そして途中でマウーの画像が変わってるのはなぜ??

んー挙句の果てにslamtrackerの表示もおかしくなってしまった
bag.jpg
↑クリックすると大きい画像でみれます、ヤンコとかの試合のスコアが変です
コート18のウィナー318とかは正しいですありえない数値だけど

59-59で日没サスペンデットになりました
100ゲーム超、10時間超、3日越しの1回戦
あとさまざまな数値がテニスのスコアではない
ファイナルセットのタイブレークがないウインブルドン故なのだろうけども
ポルトガルの7点なんてまだ甘かった
ポルナレフのAAはこの試合のためだったのか・・・
(フェデラーは今日もなんかやばかったみたいだし)
もうこれななにかとくべつな修行のようなものなのではないだろうか
10時間も試合やってるくせにダブルフォルトの少なさには驚愕
スーパーサイヤ人とかになっちゃうんじゃないだろうか
そのうちフュージョンできるようになるのでは
どうなっちゃうんだろう

10時間の最長試合=試合はまだ終わらず―ウィンブルドンテニス
6月24日8時25分配信 時事通信

 【ウィンブルドン時事】23日に行われたウィンブルドン選手権の3日目に、これまでの記録を大幅に塗り替える史上最長試合があった。2日連続の日没順延で試合はまだ終了していないが、2日間の試合時間は既に10時間ちょうど。これまでの最長時間は2004年全仏オープン男子シングルス1回戦のファブリス・サントロ―アルノー・クレマン(ともにフランス)で記録された6時間33分だった。
 最長を更新したのは、男子シングルス1回戦のジョン・イスナー(米国)―ニコラ・マユ(フランス)戦。22日に日没順延となり、23日は第5セットから試合が再開された。しかし、なかなか決着がつがず、59―59になった時点でこの日も日没順延となった。ゲーム数も163に達し、これまで最多の122を大幅に上回っている。
 ウィンブルドンの最終セットはタイブレークがないため、2ゲーム差がつくまで行われる。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sora5656.blog20.fc2.com/tb.php/263-8473367f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。