サプリ

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

どうせいくならこんな旅~軍艦島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090420-00000023-nnp-l42

「軍艦島」長崎県端島(はしま)
ついに一般公開開始なのですね~
その筋...いわゆる廃墟系では聖地視されているといってもいいのではないでしょうか
その筋でない方でも「なんかきいたことある」ことあると思われます

あたくしはどちらかといいますとその筋カテゴリの人間ですので
今更なのか~どうせだったらもう少し早くから整備してればよかったのに!
と感じてしまいますが
文化遺産としての役割もあるわけだし(日本での初期コンクリート建築だとか)
合法的にそれを眺められたり上陸できるようになるのはいいことです
朽ちるにまかす、その廃墟感が失われることを懸念するその筋の意見もあるわけですが
古い建物としても十分価値があると思いますので
ぜひ採算をとって保存、保管事業が進めてほしいものです

ちなみに個人的な意見ではありますが廃墟系迷路系建築建造物の雌雄は
軍艦島、九龍城砦と思っております
九龍城砦はなくなってしまってこれだけの規模のものはなかなか他にないのでは...
ぜひぜひ一度あそびにいってみたいですね





軍艦島観光ルート披露会 波高く上陸できず 4月20日15時9分配信 西日本新聞

かつて炭鉱の島として栄え、閉山後に無人化した長崎市沖の端島(通称・軍艦島)に完成した
観光見学ルートの披露会が20日あった。ただ波が高くて船が接岸できず、
22日の一般上陸開始を前に、島の観光地化に向けて、気象の不安定さという課題が
あることも浮き彫りにした。

 この日は、元島民も参加し遊歩道散策などを予定していたが、波高が1メートル以上で
市の安全基準を超えたため上陸を断念。関係者約70人を乗せた船は島の周りを一周し外観を
眺めた。40年以上島で暮らした同市の山口安男さん(81)は
「自分の住んでいたときもよく海が荒れた。早く古里に行ってみたい」と話した。

 上陸観光は「やまさ海運」(長崎市)が1日2回運航。同市が徴収する見学料300円を含めた
ツアー料金は4300円。月内に市内の別の海運会社も運航を始める予定。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sora5656.blog20.fc2.com/tb.php/21-b89307e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。